ebay-881309_1280

ebayの重要なアップデートを把握しておく

eBayの2012年1回目の春のアップデート
についてシェアさせて頂きます。

5つの変更があります。

● 写真の変更
● TRSプログラムの変更
● DSRsとFeedbackの変更
● 効率面及び利益性を上げるための変更

● カテゴリー及びその他のアップデート

写真の変更

まず最初の写真についての変更ですが、これは良い変更です。

今までは選択されたカテゴリーの出品のみ写真が12枚まで無料でしたが、
それ以外の
カテゴリーへの出品は最初の写真のみ無料、
それ以降は1枚につき$.15かかっていました。

今回カテゴリーに関係なく全ての出品で写真が12枚まで無料になりました。

TRSプログラムの変更

2つめが最もセラーの皆さんにインパクトを与えるTRSプログラムの内容変更です。
消費者の求めるセラーに対するニーズに答えて、eBayのTRSプログラムも改良された形です。

まずはTRSセラーはアメリカ在住バイヤーと取引をする場合、
全体のアメリカ在住バイヤーとの取引数のうち90%以上
取引に追跡番号をつけた出品方法にて発送する必要があります。

6月1日より、「同日もしくは1日のハンドリングタイム」それから
「最低14日以上の返金保証オプション付きの返品ポリシー」が
設定された出品のみFinal Value Feeディスカウントが付き、
更にベストマッチにおいて検索結果内でより前に表示されるようになります。
これはかなり重要且つ厳しい変更となります。

返品ポリシーを14日間及び完全返金保証については
今も皆さんやっておられると思いますので大丈夫です。

今後はアメリカ人バイヤーに対してはハンドリングタイムを同日もしくは
1日に
設定し、追跡番号をアップデートしないと20%の
Final Value Fee値引きも受けられませんし、
Best Matchにも優遇されないということです。

ハンドリングタイムの見直しが必要

今ハンドリングタイムを3 Business Daysとか
5 Business Daysとかにしているセラーさんは
そういった出品に対しては20%FVF値引き及び
Best Marchでの優遇は受けられなくなるという厳しい変化です。

言い換えれば、在庫をちゃんと持っていなければここがクリアできなくなります。
これはちょっと厳しいですね。

Pre-Saleとして販売していた場合、20%値引きを受けられません。

3月1日から3月31日までボーナスディスカウントキャンペーンを開始しています。

この期間の間にもしTRSセラーの皆さんが、
ハンドリングタイムを同日もしくは1日に設定し、
完全返金をつけた14日間返品ポリシーを設定していれば
現行の20%の落札手数料が適用されるだけでなく、
更に追加で5%の落札手数料が支払われます。

TRSセラーの方は上記条件を満たせば、
合計25%のFVFが3月いっぱいもらえるというチャンスです。
つまりTRSの人に慣れてもらうための準備期間ですね。

TRSになるための必要条件が一部下げられました

逆にTRSになるための必要条件が一部下げられました。
今までは年間売上が$3,000必要であったのに対し、
6月からは年間売上は$1,000しか必要でなくなりました。

つまり今まで過去12ヶ月の販売条件が
$3,000 & アメリカ在住バイヤーとの100取引だったと思いますが、
この金額の部分が
$1,000に引き下げらるのです。

今後はTRSになるのはより簡単になってきます。
が、なってからのメリットを確保するのはグッとハードルが高くなります。

これに対する対策は6月までに見出さなければなりませんね。

DSRsとFeedbackの変更

次は3つめのDSRsと評価についてです。
この評価が基準以下ですとTRSになれませんので注意してみてみましょう。
まずDSRsの中でCommunication(コミュニケーション)の欄がありますね。

変更後はもしセラーの皆さんが「同日もしくは1日のハンドリングタイム」
を設定し、翌営業日までに追跡番号をeBayシステムにアップロードした場合、
たとえセラーとバイヤーの皆さんとの間でコミュニケーションのやり取りが
全くなかったとしても、eBayシステムが自動的に5段階評価を採点してくれます。

昨年の変更であったFree Shippingを提供すれば自動的に
Shipping & Handling ChargeのDSRs項目が自動的に5段階
採点がされるというのと同じケースです。

次に今まではUnpaid Item(未払い)をしたにも関わらず、
バイヤーはセラーに対して悪い評価を腹いせに残したりできていましたが、
今後はUnpaid Itemが記録されたバイヤーはその取引に対して評価をしても
eBayが自動的にセラーの評価システムからそのバイヤーからの評価を
削除してくれます。4月23日よりこれは開始します。

ebayが関税はバイヤーの責任を自動で表記してくれる

次に今まではセラーの皆さんは各出品ページに「各国の関税はバイヤーの
みなさんの責任ですよ」という記載をしていたと思いますが、
それらを今後削除してOKです。

なぜならeBayが自動的に商品説明文の発送詳細の箇所に
関税に対する記載を表示するように今年からなり、
もしバイヤーが評価コメントにて関税がかかったというクレーム
内容を残し、セラーにネガティブ評価を残した場合、
その評価を取り除いてもらえる資格があります。

これはありがたいですね。

今後はバイヤーが関税が高い!と言ってきた場合、
セラーの皆さんは丁重にお断りし、折半したり
評価が怖くて、バイヤーが本来払うべき関税を
全額負担する必要はなくなったのです。

5月2日より「Money Back(返金)」、「Money Back or exchange(返金もしくは交換)」、
それから「返品不可」の3つのオプションがReturn Policyにて
選択できる項目となります。

新しい出品ガイドライン

写真が12枚まで無料となるので、商品の詳細までしっかりと写真を
撮り、バイヤーにとってより良いショッピング体験を提供しましょう。

eBayの検索及びベストマッチは今後出品タイトルだけではなく、
商品説明文の情報もチェックします。

商品詳細、UPCやISBNといった商品バーコード、ブランド名、
パーツ番号、その他の商品を特定する情報が多ければ多いほど
検索結果により優遇されるようになります。

Duplicate Listing Policyがより強化

なるべくバラエティー溢れる売り場にするために、eBayは
同じセラーからの同じ商品のBuy It Now商品は削除していますね。
今回よりオークション形式出品にBuy It NowをつけたものもNGとなりました。

同様に先にオークション形式出品にBuy It Nowをつけた形式で
出品しており、そのあとで同じ商品をBuy It Now形式で出品
しようとしてもNGとなります。

更にはたとえオークション形式出品であっても場合によっては
削除、もしくは検索結果にて優遇されないといった措置もとられる
ことがあるとのことなので、同一出品の複数出品はしないようにしてください。

カテゴリー及びその他のアップデート

最後にカテゴリー及びその他のアップデートです。

5月1日よりオークション形式出品の1出品の
Final Value Feeの上限が$250までとなりました。
$1,111以上で落札されても上限は$250しか請求されない
という意味ですが、これはストアを持っていないセラーにのみ適用されます。

あとはProduct Catalog(製品カタログ)が必要なカテゴリーは
きっちり利用して出品してくださいということが書かれています。

近々eBay Japanから正式版がリリースされると
思いますので詳細はそちらを見てくださいね。

今回の肝はもうなんといってもTRSプログラムの変更ですね

 

 

LINE登録でプレゼント!

①月収40万円達成サラリーマンとの音声対談

②メルカリスタートアップマニュアル

友だち追加数

東京都在住

Blue Tree Bullet. LLC 代表

サラリーマン時代にインターネットの副業をスタートし、
給料の約2倍の収入を得るまでになり、17年間勤めた会社を
退職し独立起業する。輸出ビジネスを軸にサラリーマン、OL、主婦などに副業で収入を得る為のスクール運営、コンサルティンング、指導をしている。

・出版
・テレビ出演
・ラジオパーソナリティ
・雑誌掲載多数
多方面に渡り、活躍している。

 

aoki_blog_banar

 

parfecte_aoki2

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式メルマガ

aokitakashimailbaner

プロフィール

aokitakashiprofile

名前:青木たかし

 

前職:元日本マクドナルド社員

 

サラリーマン時代にお小遣い欲しさに不要品をヤフーオークションで売り、予想以上の高値で売れた事にビックリする。

 

その後、偶然にeBayを紹介され、eBayで仕入れヤフーオークションで売るというシンプルな方法で 副業ながら月収79万円を記録する。  

 

マクドナルドを23年間勤務しその後独立。

 

eBayでの販売にもチャレンジし輸出の可能性を感じ、 4ヶ月でTop-rated-sellerになる。

 

現在は主にeBay、Amazon、ネットショップ、直接取引と少しずつ販路を拡大していきる。

 

海外SOHOを中心に約30名を雇いほぼ全ての行程において自動化に成功している。  

 

現在はネットビジネス全般を手がけ、オンライン輸出ビジネススクール” MOGT+ "を主催運営している。

 

今まで、2,000名以上の受講生の指導し、月収100万円達成者を多数、排出している。  

 

マネージメント能力を駆使し、それに伴ったビジネス本を出版し、紀伊国屋ランキング1位を獲得しベストセラー作家の仲間入りも果たす。  

 

著書

35マック

Amazonでのご購読はこちら

LINE@

lieat_banar

青木たかし:YouTubeチャンネル

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。